岡部さんとのこと

岡部さんと私はピエ友、ピエロの親友です。
30年近く前でしょうか、私が長年蒐集しているピエロのことが新聞の「人」という欄で紹介された時、岡部さんから会いたいというお手紙をいただきました。
たまたま福岡に行く用事があり、お訪ねしたのが福岡市美術館だったと思います。びっくりしたのは岡部さんが車椅子だったこと!なのにあの明るさと人なつっこさにはもっとびっくりして、私たちはその日からピエロの親友になり、主人共々個展のたびにどこまでも会いに行くという追っかけになったのでした。
このたびはたくさんの作品がレンガ倉庫いっぱいに展示されるとのこと!
ボカベのピエロの素晴らしい世界がくり広げられるのは本当に嬉しいことです。
いつもバイタリティにあふれている岡部さん、いつまでもいつまでもピエロを描いて下さい。

新橋 有薫酒蔵(九州郷土料理店) 女将・松永洋子さん

Facebookも
ご覧ください

最新情報をお届けします